インフレ・デフレを知る

インフレとは、インフレーションの略で、物価(物)が継続的に上がり、お金の価値が下がっていくことです。
デフレとは、デフレーションの略で、物価(物)が継続的に下がり、お金の価値が上がっていくことです。
お金の価値が上がる?下がる?って
インフレの場合は、物(商品)を購入したい人が多く 物(商品)が少ない状態になり、物(商品)の値段が上がり、そして 企業などが収益を上げて 給料に反映し給料アップ!
給料が上がることで 購入意欲もアップして、物(商品)が少なくなり、物(商品)の値段が上がるってな感じですね。
だから お金の価値が下がり、物(商品)の値段が上がるんですね。
デフレの場合は、物(商品)を購入したい人が少なく 物(商品)が余る状態になり、物(商品)の値段を下げ、そして 企業などが儲からない 従業員カット・給料カット。
仕事を失ったり、給料が下がることで、購入意欲は減退して、物(商品)を購入する人が少なくなるので、物(商品)が余り、物(商品)の値段が下がるってな感じですね。
だから お金の価値が上がり、物(商品)の値段が下がるんですね。
経済の発展には、インフレの状態が必要なんですね。
デフレが続くと デフレスパイラルに陥り 家庭・経済・国がドンドン疲弊して いくんですね。