投資の税金を知る

いろいろなことに税金がかかりますね。
投資も例外ではなく ある一定の利益が出れば税金がかかります。
だから 投資をするときは、税金についても知っておく必要があるんですよ。
所得税・住民税が代表的ですが、学生・主婦(扶養)などの場合は、利益がある一定を超えると国民年金・社会保険などへ加入しなければならなくなるんです。
国民年金・社会保険で年間30万円程度必要になるんですね。
そして、学生・主婦(扶養)が扶養から外れた場合、扶養にしていた方の配偶者控除・扶養控除がなくなり、扶養していた方の税金も上がるんです。
税金は払いたくない!しかし法律で決められているんです。納税は義務なんですね。
利益が出たから、使っちゃえ!って 税金のことを考えておかないと 恐ろしいことになるんですね。
投資によって 税金が変わってきますが、ある一定の利益がでれば、税金がかかります。投資の種類によっては、損をした場合 数年間の所得税の免除などもあります。
だから 損をしても確定申告をしておくことは大切ですね。
確定申告って難しそうだし 面倒なのでは?
面倒ですが、税務署や市役所などで 説明してくれますので、一度やってしまえば そんなに難しいことじゃありませんよ。
自分がしたい投資の税金部分も理解したうえで、投資を考えていく必要がありますね。