先物取引を知る

先物取引とは、価格変動のある商品(金・原油・小麦など)を、売買することにより、売買差益を得る投資方法です。
先物取引は、企業が仕入れ値を安定化する為に利用していたのですが、売買差益を目的とした投資としても利用されているんですね。
基本的に買った商品が高くなれば、売ることにより差益を得る事が出来ますが、反対に商品を先に売ることも出来るんです。
取引金額の数%程度の金額を証拠金として、資金数倍の取引ができることが商品先物取引の魅力といえますが、そのため、ハイリスク・ハイリターンな取引にもなるんですね。
商品価格の変動率(ボラティリティ)は一般の株式と比較して高くなっていますので、短期間で利益を得やすい分、損失も大きくなる場合があります。
戦争や経済不安などにより、世界の株価が下がったときに、金・原油などの商品の方が安全性がある場合もあるんですよ。
分散投資の一部として、先物取引を知っておく必要があるんですね。
先物取引サイト