外貨投資を知る

外貨投資とは、外国の金融商品を売買することで、金利差や為替差や運用益を得る投資方法です。
では、外貨投資の代表的なものを簡単に紹介してみます。
1.外貨預金
USドル・ユーロといった外国の通貨での預金をすることを外貨預金というんです。
外貨預金は、金利が高い国で預金すればその分金利が付きますが、為替による損失はあるんですね。
投資というより、リスクの分散という方が良いかもしれませんね。
2. 外貨MMF
外国の投資信託会社によって外貨で運用される投資信託のことを外貨MMFというんです。
投資の専門家に託して外貨で投資されますので、売買益と為替差益の期待が持てますが、リスクもその分ありますね。
3. 外国債権
外国の国などが発行している債券を外国債券というんです。
日本の国債って聞いたことあると思いますが、その海外版みたいなかんじですね。
債権には、預けておく期間がありますので、長期投資でのぞめる場合しかオススメできません。
金利が高いですが、為替による損失があります。
4. FX(外国為替証拠金取引)
保証金を取引業者に預けることで、資金の数倍の為替取引ができる取引方法をFXというんです。
資金の数倍もの取引が可能ということは、利益も損失も何倍になる可能性があるんですね。
しかし資金の数倍の取引をしなければならないわけではありませんので、自己管理ができれば有効な投資方法です。
5. 外国株式投資
外国の企業への株式投資のことを外国株式投資というんです。
外国の企業に投資するということは、株価の上下だけではなく、為替相場の上下も損益に関係するんですね。
外貨投資をする場合は、後悔しない為にも、世界経済・世界の国の状況などをある程度、把握できるようになってからですね。
外貨投資サイト