株式投資を知る

株式投資とは、企業が資金調達の為に発行した株(有価証券)を購入し、配当や売買差益で稼ぐ投資方法です。
株は、株式市場で取引されているんです。
日本には東京・大阪・名古屋・福岡・札幌の5ヵ所あるんですね。
株式市場で株が取引されている企業のことを上場企業って言うんです。
上場企業は、どんな企業でもなれるっていうわけではなくて、色々と条件をクリアした企業のみがなれる企業なんですよ。
なぜ上場するかっていうと、企業を運営し大きくするには、お金がたくさん必要なんですね。
そこで、お金を集める必要がある。
だから 投資してくれる人を集めお金を集める為に株式市場があるんです。
株式投資をするってことは、日本経済の為になってるってことにもなるんですね。
株式市場に、たくさんの企業が上場しています。そのなかで今後成長し、そして利益を上げる会社を選んで投資することが、株式投資なんですね。
企業の数が多いんで、全ての企業を把握することは、個人では基本無理だと思います。
銘柄を絞った、情報収集で投資先を探す方がいいと思いますよ。
株式投資には、株主優待ってのがあります。株主優待とは、決まった日に株を所有していた人に与えられる株主の権利で、企業によって違うんですが、企業の割引券や商品などいろいろな特典があるんですよ。
株を購入している会社が倒産したら どうなるのか?
株主には、会社が倒産した時に残った財産の分配を受ける権利がありますが、紙きれどうぜんになってしまうことがあるんです。怖いですね。リスクですね。
株主には、株主総会に参加し意見を言える権利があります。
夢!? 過半数の株を持てば、会社の経営権を握ることも出来ちゃうんですよ。っていくらいるの?
基本 株式投資は、証券会社で株を取引するんですね。
では、証券会社へ行ってみますか?
いえいえ 最近は、インターネットで資料を取り寄せて、必要な資料を送って口座を開設できるんですね。
そして、インターネットで取引した方が、手数料が安いんですよ。
株式投資をするときは、複数の口座を開設したほうがいいんです。
なぜ?証券会社によってサービスや注文方法が違ったり、手数料も違います。
そして、サーバーエラーやトラブルなどが起きた場合の対策としても、複数の口座の方が安心ですよ。
口座の開設は基本 無料なので、手続きが面倒でも 株式投資をするなら複数口座ですね。
>株式投資の取引方法には、現物取引と信用取引ってのがあるんです。
現物取引は、投資に用意した資金内(自己資金)での取引です。
信用取引は、投資に用意した資金を担保に 資金の3倍程度の取引ができる取引です。
現物取引では、株を買って売るという流れしかないんですが、信用取引の場合は、普通に買って売る以外に、売ってから買い戻すっていう信用売りっていう取引が出来るんです。
信用売り?ってのは、これから下がるって予測した株を高値で売って、安くなった買い戻して稼げるんですね。
しかし、信用売りは、リスクが高い!ことを理解しておきましょう。
買いの場合は、株価が0円になれば終わりですが、売りの場合は、株価の上限がありません。
買いより、売りの方がリスクが高いんですね。
信用取引には、手数料や返済期日がありますし、株主優待が無いので上手く使い分ける必要がありますよ。
株式投資の取引時間は、土日と祝祭日は除く月曜から金曜なんです。
市場により時間が少し違うんですね。
東証・マザーズ・店頭市場は 9時から11時(前場) 12時30分から15時(後場)
大証・ヘラクレスは 9時から11時(前場) 12時30分から15時10分(後場)
基本的に上記の時間に株の取引がされますが、証券会社によっては夜間取引などのサービスをされている証券会社もあるんですよ。
株式投資には、リスクがあります。投資をするときには慎重に判断しましょうね。
株式投資サイト