投資を知る為に 預金・国債・為替・株・金などの全体的な関係を知る

日本株価と為替には株高のときは円高、株安のときは円安という基本的な関係があるんです。
世界中の投資家達は利益の出そうな国に投資をするんです。
日本の経済が上向きで日本株価が上昇してくれば、当然 世界中の投資家も日本の株を買いにきますよね。
しかし日本の株を円以外の通貨で買うことはできませんので、手持ちの通貨を円に変える必要が出てきます。つまり日本の株を買うために円を買い結果として円高になるということです。
株安のときに円安になるのも同じ理由からだといえるでしょう。
日本の株を買っているのは誰なのか?
外国人か、日本人か、企業なのか?で株価と為替の関係も大きく違ってきますので、外国人投資家の動向も投資には大切なんですね。。
以上のように株と為替にはある程度の連動性があります。
しかし、世界経済が不安定なときや戦争などの影響で、株安でも円高になる場合があるんですが・・。
戦争や紛争などで、経済が不安定な場合は、スイスや日本の通貨が買われ、金などの資源が買われることが多いんです。
国債と為替にも日本の国債利回りの上昇のときは円高という基本的な連動性があるんです。
世界中の投資家達が金利の上がった日本の国債を買うために、手持ちの通貨を円に替え結果として円高になるというのは株式市場との関係と同じですね。
国債の金利が上がるのは買ってくれる人がいないために金利を上げるんです。つまり人気がないので人気取りのために金利を上げるということなのです。
そして国債の金利は長期金利と連動しているところに注目ですよ。
株価は、金利と密接な関係があるんです。金利が下がると株価は上昇し、上がると下降するという基本的な連動性があるんです。
なぜ?と言えば、金利が上がれば預貯金の方が良いと思う人が増えて、株式市場にお金が集まらないからですね。
たとえば、インフレの場合、公定歩合の引き上げ等の対策が取られます。高金利で預貯金が増え株式市場にはお金が集まらない。その状態が続くと経済は悪化してデフレになります。
そうなれば、また公定歩合の引き下げなどの対策が取られ、株式市場にお金が回ってくるんですね。
為替相場の変動により株価が変動する企業がある。
企業の業績が為替相場によって一気に逆転する可能性もあるんです。
為替相場の変動は、輸入・輸出企業で正反対の影響があり、円高になると輸入、円安になると輸出が利益がでることになるんですね。
投資(株・為替・先物・不動産など)は、沢山のことがかかわりあって複雑です。一方向からの予測ではなく、あらゆる方向からの視点でとらえることが重要なんです。
投資で成功する為には、沢山の情報を収集し、そして 判断し、実行することが大切なんですね。